汗かき、多汗症に悩んでいる方





汗かき,あせも,寝汗,多汗症,寝具,選び方

朝起きたら

汗でパジャマが

びしょびしょ。




寝ている途中で

汗をかいて

寝冷えをして

風邪をひいてしまった。



布団に入ると

暑くて汗をかいて

寝つきが悪い。



朝起きたら

布団が汗臭くて

気持ち悪い




子どもが汗かきで

毎晩寝苦しそう



などなど

汗かきや多汗症で

悩んでいる人は

寝ている時の

睡眠や寝具の

悩みにもつながっていきます。



寝具専門店として

汗かきや多汗症で

悩んでいる人に

参考になる事例を

ご紹介します。





汗かきの原因は5つ





人は体温調節のために

汗をかいて

体温をコントロールしています。



汗をかくことは

人として

当たり前の

現象
です。



ですが、

中には、

非常に大量の汗をかく

人がいます。



汗をかくのは

普通と言っても、

あまりにも量が多いと、

気になりますよね?



特に寝ている時には

ひと晩で大量の汗を

かく人も多いですね。



では

そもそも

汗かきの原因は

何でしょうか?



主に言われている

汗かきの原因は

5つ
あります。



運動不足

肥満

更年期障害

自律神経の乱れ

多汗症



あなたはいくつ

当てはまりますか?



それぞれの原因の

対策を行うと

汗かき改善になると

思います。







汗かきの人の寝具の選び方





では

汗かきの人に

おすすめの

寝具の選び方を

ご紹介します。



通気性の良い

ベッドや敷布団を選ぶ




布団カバーやシーツは

天然素材を選ぶ




季節に合った

布団を選ぶ




汗を吸ってくれる

パジャマを選ぶ




汗のにおいを

抑えてくれる

消臭、抗菌防臭機能の

商品を選ぶ




このように

汗かきの人が

寝具を選ぶときの

チェック項目は

5つあります。





通気性の良い ベッドや敷布団を選ぶ





毎日6~9時間の

長い間、寝ている

ベッドマットレスや

敷布団には

人間の体温が

こもってしまいやすく

汗をかく原因とされています。



低反発や高反発の

マットレスは

ウレタン素材でできている

商品が多いですが

ウレタン素材は

熱がこもりやすく

通気性がないので

汗かきの人には

おすすめしません。




ウレタン素材は

汗を吸う素材でもないので

汗がそのまま

フローリングや畳に

浸み込んでしまい

カビが発生する原因にも

なります。



汗かきの人は

通気性のある

ベッドマットレスや

敷布団を選ぶように

しましょう。





布団カバーやシーツは 天然素材を選ぶ





掛け布団に掛ける

掛けカバーや

ベッドマットレスに敷く

ベッドシーツは

綿や麻などの

天然素材のものを

選びましょう。




天然素材の

カバーやシーツは

汗などの水分を

吸水する機能が高いです。



さらに

吸水した水分を

発散させる機能も高いので

ベタベタな湿気を

サラサラにしてくれます。



機能のついていない

ポリエステルなどの

化学繊維は

吸水性もなく

発散性もないので

汗をそのままの

状態にしてしまい

ベタベタ感が続きます。



汗かきの人は

化学繊維などではなく

天然素材の

布団カバーやシーツを

おすすめします。





季節に合った 布団を選ぶ



意外かもしれませんが

春夏秋冬

年中同じ布団を

使っている人は

多くいます。



冬も夏も

羽毛布団を使っている人は

エアコンなどで

温度コントロールして

布団を使っています。



この状態だと

汗をかきやすい人は

さらに

汗をかくことに

なりやすく

身体が気温に合せて

汗をかく能力が

低下していまい

自律神経の乱れが

起こり

睡眠の質が悪くなります。



冬には冬用の

暖かいふとん、

夏には夏用の

薄掛けふとんを

季節に合わせた

掛け布団を

選ぶことが

おすすめ
です。





汗を吸ってくれる パジャマを選ぶ



汗をかく人には

寝ている時の

パジャマ選びも

大切です。



寝汗は

寝冷えを起こして

風邪をひく

原因にもなります。



パジャマは

綿素材やシルクの

ような天然素材が

やはり

おすすめ
です。



天然素材の

吸水性と発散性は

布団カバーや

ベッドシーツ同様に

パジャマでも

有効です。



また、

汗かきの人は

冬に厚手の

靴下の着用は

避けましょう。




人は手足で

温度調節をするので

寒いからといって

厚手の靴下などを

使うと

より汗をかきやすく

なってしまうこともあります。





消臭、抗菌防臭機能の 商品を選ぶ



汗をかきやすい人は

臭いも気になる

ところです。



布団や枕の

臭いの原因は

主に

汗や皮脂の汚れ


いわれています。



毎晩

布団に入るたびに

イヤな臭いがすると 睡眠の質も低下します。



臭い対策として

洗える布団や

洗える枕など

洗濯ができる寝具を

おすすめ
します。



また、

イヤな悪臭を

消してくれる

消臭機能や

菌の発生を

抑制してくれる

抗菌防臭機能の

寝具を選ぶことも

おすすめします。





商品一覧

該当商品はありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝祭日

モバイルサイト

ページトップへ