寝具専門店のプロがお届けする寝具のコラム

熱帯夜も安心!涼しく快眠できるコツ

ジメジメと蒸し暑い熱帯夜は、疲れているのにも関わらずなかなか寝付けないことも少なくありません。エアコンを使えばひんやり涼しくなりますが、長時間の利用は体調を崩す原因です。また、節電を考えると長時間の使用はできれば避けたいものです。そこで、こちらでは熱帯夜でも健康に配慮しながらぐっすり眠るコツをご紹介します。

なぜ熱帯夜は寝つけないの?

熱帯夜に眠れない原因のひとつは湿度です。人は就寝前に急激に体温が低下して、大量の汗をかきます。これは、起きている間に活動していた脳をクールダウンさせ、寝る準備をしているからです。しかし、熱帯夜は湿度が高く、汗をかいてもなかなか蒸発しません。結果、汗がべたついて体温が高くなり、寝付きを悪くしてしまいます。
よって、ぐっすり眠るためには湿度対策が重要です。

クーラーはほどほどに!

クーラーはほどほどに!

快適な室内空間づくりに欠かせないエアコンですが、長時間の使用は体調を崩すだけではなく快眠を妨げる原因です。

上記でもご説明したように、人は汗をかいて身体を冷やすことで眠りに入っていきます。そのため、エアコンをつけっぱなしにすると汗をかくことができず、深い眠りにつきにくくなるのです。エアコンを使用する際は、タイマー機能を活用して寝て2~3時間後に切れるように設定しておきましょう。

ぬるま湯に浸かることも快眠のコツ!

ぬるま湯に浸かることも快眠のコツ!

熱帯夜に快眠するなら、就寝前にぬるま湯に浸かる方法もおすすめです。ぬるま湯に入ると体内温度があがり、お風呂から上がる頃には徐々に体温が下がっていきます。そして、お布団に入る頃には自然と眠くなり、ぐっすり寝つくことができるのです。

また、身体を温めることで副交感神経が優位になり、リラックス状態になるため相乗効果でより深い眠りにつきやすくなります。

寝具選びも重要なポイント!

夏には、夏に適したお布団を使うのも快眠のコツです。吸湿性や発散性、通気性があるお布団を使えば、汗をかいても吸収してベタつくことはありません。通気性があるお布団なら熱がこもることなく、体感温度も下がり心地よい眠りにつくことができます。
また、快眠には頭を冷やすこともおすすめです。頭は重要な役割を持つことから血管が集中しており、熱を持ちやすい部位です。そのため、頭を冷やすと深部体温が下がりやすく、自然と眠気が訪れます。

熱帯夜でも快眠できるお布団をお探しなら、ぜひ当店の通販サイトをご利用ください。当店では夏に最適な通気性に優れた寝具を販売しています。また、ペタんこになった羽毛布団を仕立て直しリフォームするサービスを提供しています。仕立て直しでは、なかの羽毛をクリーニングして目減りした羽毛を追加し、ふかふかのお布団にリフレッシュします。

仕立て直しには、スタンダードとプレミアムのコースがありますので、お好きなコースをお選びいただけます。仕立替えや商品などの料金・詳細はサイトに記載していますが、ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

コメントする

名前

URL

コメント

商品カテゴリ

お悩みから選ぶ

グースリーブランド

掛布団をお探しの方

敷布団をお探しの方

マットレスをお探しの方

枕をお探しの方

カバーをお探しの方

毛布・タオルケットをお探しの方

布団丸洗い・リフォームをお探し

敷パッド・ベッドパッドをお探し

子ども用ふとんをお探しの方

座布団・カバーをお探しの方

インテリアをお探しの方

ホルミシスシリーズをお探しの方

ブランドをお探しの方

寝具商品カテゴリー

インテリア商品カテゴリー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝祭日

モバイルサイト

ページトップへ