寝具専門店のプロがお届けする寝具のコラム

ウール毛布のメンテナンス

寝具のプロが教えるウール毛布メンテナンス

ウール毛布を買ってみたけど、使っているけど、お手入れはどうすればいい?

天然繊維であるウールは、綿や、化学繊維などとはお手入れ方法が少し異なります。長く愛用するために、お手入れ方法にはこだわりましょう。



眠る時にはウール毛布を重ねて使うけど・・・

ウール毛布は、他の掛け布団と合わせて、数枚掛けてレイヤーで使用する方法をお勧めしています。

その際にウール毛布を、他の掛け布団で挟み込んで、内側にセットすることもあるでしょう。しかし眠りから覚めて起きた時、日中のメンテナンスとして、なるべく風通しの良い位置に、外側の位置に配置してあげてください。

ウール毛布は吸湿性が高く、寝ている間の汗や湿気を十分に吸い込んでくれます。それらを良く乾かしてあげて欲しいのです。良く乾かしてあげることが、長持ちする秘訣になります。 また、湿気を吸い込んだままでは、重くなってしまい、適度な温かさと適度な湿気を好む虫がつく可能性があります。



こまめにほこりを取る

ほこり取りをすると言っても、床やカーペットにテープ式のコロコロカーペットクリーナーをかけるお手入れ方法ではありません。こまめにベランダや庭に運び出し、叩くことで落とせる汚れやほこりをよく落としましょう。

ウールは繊維が縮れているため、ほこりや汚れを引き込みやすいです。叩いてあげましょう。驚くほどほこりが出てきます。

しかしこの時、フェルト状のウール毛布の場合は、細かいほこりが止まることなく出てきます。フェルト毛布の特性上、仕方のないことでもあります。その際は、毛布を叩きすぎないようにしてください。

可愛いおしゃれな毛布のシルケボーウールブランケット北欧テイストのひざ掛けインテリアイメージ

お洗濯の際は、洗濯表示を守る

洗濯表示を守ることが一番手っ取り早く、手軽なメンテナンス方法です。

ウール毛布のお手入れは大別して2種類。自宅で洗濯ができるか、ドライクリーニングに出すかのいずれかです。

最近は、ウールだけど自宅の洗濯機の水洗いでお洗濯ができますと謳うものも増えています。自宅で水洗いできますと謳うウール毛布は、水洗いで縮まないように加工してある、もしくはアクリルなどの化学繊維と混紡のもののどちらかです。

子供がいらっしゃるご家庭の場合は、自宅で水洗いができるウール毛布を選び、汚れるたびに洗えたほうが清潔に使えます。

なるべく手洗いをしてほしいですが、毛布は大きいため、難しいですよね。

洗濯機を使う際は、負荷がかかりにくく、優しく洗うコースを選択して、長時間の脱水も避けましょう。生地がゆがんでしまいます。

ドライクリーニングのみのウール毛布の場合は、表示の通りにドライクリーニングに出すようにしましょう。水洗いができる加工をしていないウールの場合、水洗いで縮みます。 ウールのセーターを自宅で水洗いしてしまい、縮んで丈も袖も短くなってしまい、着られなくなった、という経験をお持ちの方は多いはずです。ドライクリーニングという洗濯表示のウール毛布を水洗いしてしまうと、同じように縮みます。注意しましょう。



熱を加えない

家庭の中でウール毛布に熱を加えてしまうシチュエーションは3つ。

1つ目は洗う際にお湯を使ってしまうこと。

2つ目は、干す際に直射日光の下に干してしまうこと。

3つ目は、あたたかいほかほかのウール毛布で眠りたいからと乾燥機に入れてしまうことです。

1つ目については、洗う際は水かぬるま湯を使用してください。手洗いの際に、水だと冷たいからとお湯を使わないように気を付けてください。

2つ目は、最後の章で詳しくお話します。

3つ目は、絶対にしないようにしてほしいです。特に冬の洗濯乾燥機は、とても快適です。天気が悪くても乾き、乾燥機にかけた後のお洗濯ものはあたたかく、着るときにほっとしますよね。

しかしウールの毛布やウールのお洋服など、ウール製品は乾燥機には決してかけないでください。強すぎる熱に弱いウールは、変色・変形・縮みが発生してしまいます。

可愛いおしゃれな毛布のシルケボーウールブランケット北欧テイストチェック柄の収納シーン

陰干しあれこれ

お手入れ方法の重要な点として、決して敷き布団や羽毛布団のように、直射日光の下に長時間放置しないことです。

掛ける場所に注意しましょう。ウールは吸湿性が良いため水分を良く吸い、重くなります。しかし外に干す際に、日光に当てすぎると色があせてしまいます。

ウール毛布を干す際は、風通しのいい部屋の中や換気扇を回した浴室、もしくはどうしても外に干したい場合は日陰に干しましょう。

干す際に、物干し竿やハンガーにかけることにこだわる必要はありません。ダイニングテーブルの椅子を、広い部屋や風通しのいい部屋に等間隔に置き、それらの上にかぶせ掛けるようにしておくだけで充分です。

ウール100%の毛布の場合は必ず陰干しをしてほしいですが、アクリルなどの化学繊維の混紡の場合でも、陰干しをしたほうが無難でしょう。

ウールは羊の毛、羊は外で生活している生き物なのにウール製品のお手入れは日陰で行う、というのもなんだか不思議ですね。しかしウール毛布を長く美しくきれいに使うために、直射日光には当てず、日陰に干してあげるようにしてください。

・ウール毛布のメンテナンス

・ 日中は風通しの良い所で乾かすようにしましょう!

・ こまめにほこりを取りましょう!

・ ウール毛布の洗濯方法は2種類、洗濯表示を確認して洗濯しましょう!

・ ウール毛布は直射日光は避け、陰干しをしましょう!


コメントする

名前

URL

コメント

商品カテゴリ

お悩みから選ぶ

グースリーブランド

掛布団をお探しの方

敷布団をお探しの方

マットレスをお探しの方

枕をお探しの方

カバーをお探しの方

毛布・タオルケットをお探しの方

布団丸洗い・リフォームをお探し

敷パッド・ベッドパッドをお探し

子ども用ふとんをお探しの方

座布団・カバーをお探しの方

インテリアをお探しの方

ホルミシスシリーズをお探しの方

ブランドをお探しの方

寝具商品カテゴリー

インテリア商品カテゴリー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝祭日

モバイルサイト

ページトップへ